自分の殻に閉じこもらないで、勇気を出して治療を受けよう。

様々な種類

人差し指を立てる

躁鬱病と診断されても、様々な種類があります。それぞれの種類によって特徴があるので、把握しておきましょう。他の精神病に比べると、治療方法が整備されているので、医師の指導に従って治療を行なうことで症状の改善が見込めます。

» 詳細を確認する

発症しやすい性格

悩む男性

自分や周囲の人が躁鬱病になった際に、適切な対処が出来るように躁鬱病になりやすい性格を把握しておくと良いでしょう。把握しておくと、診断の際にも、医師に伝えすぐに治療を受けられます。

» 詳細を確認する

両極端な感情

カウンセリング

精神的な疾患として代表的なのが、うつ病です。うつ病は、憂うつな状態である抑うつ状態が継続的に続くという症状です。
うつ病を引き起こすことによって、強い不安感や焦燥感を覚えます。また、何事にも取り組む意欲を失ってしまいます。これまで情熱を燃やしていた仕事や、学業などに対する意欲が無くなり、社会に参画できなくなってしまいます。
様々なことに対して興味関心が薄れてしまうという特徴もあります。これまで楽しんでいた趣味や興味があったことに対しても、まったく興味を感じなくなります。また、症状が進行すると、自殺を考えるようになってしまいます。

鬱の状態と対極にあるのが躁状態です。気持ちが高まり、あらゆることに対して意欲的に取り組みます。
経度の躁状態であれば、仕事の効率が上昇し、活気ある態度でムードメーカーとなり好影響を与えます。しかし、症状が進行してしまうと、支離滅裂な発言を日常的に行なったり、気性が激しくなり周囲との軋轢を生むような喧嘩が頻発するようになります。
重度の躁状態によって入院の必要性が出てくる場合があります。

長期間にわたってこのような鬱状態と、躁状態が交互に繰り返されるという症状を、躁鬱病と言います。
精神疾患の一つで、両極端な2つの感情が起きる」という意味で、双極性障害とも言われています。
躁鬱病と診断された場合は、早急に治療に取り組む必要があります。鬱状態で自殺に至ったり、躁状態で極端な行動を取って命を危険に晒すことがあります。

薬の特徴

壁にもたれかかる男性

躁鬱病の治療として挙げられるのが、服薬治療です。リチウムが代表的なもので、再発防止の効果がある薬なども様々な医師が処方しています。診断結果によって服用される薬は変わってきます。問診で詳しい情報を主治医に提供しましょう。

» 詳細を確認する