自分の殻に閉じこもらないで、勇気を出して治療を受けよう。

薬の特徴

壁にもたれかかる男性

躁鬱病と診断された場合は、服薬による治療を行なう事があります。診断された鬱病の種類や原因によっても変わりますが、多くは服薬の治療となります。躁鬱病の治療として最もポピュラーな治療薬は、リチウムです。マグネシウムやカルシウムのようなミネラルの異種で、硬水と呼ばれるミネラルウォーターにも含まれています。神経細胞を保護して、あたらに増やすという効果があるため、様々な精神疾患に対して効果があります。躁状態と鬱状態どちらにも効果が見られ、かつ鬱病による自殺を抑制するという効果もあります。しかし、リチウムは長期間の服用によって、副作用が出るというリスクも有ります。医師と相談して用法用量の指導を受けましょう。

躁鬱病と診断されて治療に取り組む上で、再発を防止するという事も重要です。再発防止の効果が強い薬を飲むことで、完治の確立が高まります。躁鬱病に対して効果があり、かつ再発予防の作用が期待できるのが、ラモトリギンという薬です。うつ状態に対する予防効果が高く、気分が落ち込む辛い躁鬱状態を改善することが出来ます。また、この薬は保険が適用されるので治療費を抑えることが出来ます。躁状態の再発防止作用があるとされているのがバルプロ酸という薬です。躁鬱病の治療としてラモトリギンとバルプロ酸の両方が処方される事がありますが、両方を服用することで血中の濃度が上昇するという副作用があります。医師の診断で両方飲むとなった場合は、よく相談して副作用を抑える服用を行いましょう。